実績                          

経産省の(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の国際プロジェクトに 2010 年~2015年まで、企画・調査・フィールドオペレーション、インド政府との関係構築のアドバイザリー・コンサルティングで従事。

2013 年にはインド随一の産業州マハラシュトラ州と日本の地方自治体の経済提携を成功させました。

また(株)マリンテックの社会貢献活動では、人材交流、各種訪問団の受け入れ、現地案内などのほか、2013 3 月には東北大震災時にインド政府から派遣されたインド災害対策委員会・内政省・災害対応部隊との友好関係を築き上げ、インド政府・日本大使館・ジンダル大学・印赤十字の協力のもと災害対応部隊 46 名に感謝状とソーラーランタンを配布するなどして、日印親善会を開催しました。

 

2016年からは、医療・健康分野で各種計測機器にデータ通信システムを搭載した独自の健康促進システムを開発、和歌山県のわかやま産業振興財団より支援対象プロジェクトに選考されました。

インドにおける実績詳細

インド政府との連携顧問業務  マリンテック社・マリンテックエナジー社の経営陣は政府間の協定合意取り付け・両政府 合同プロジェクトの企画・開発・予算の取り付け、実務的レベルでの問題解決、などで多くの実績を有します。

 

 

インド電源運営・維持・管理・人材育成

Power management

 

マリンテック社・マリンテックエナジー社では日本の太陽光発電パネルを使用して長期発電を可能にしたグリーン電源型ハイブリッドシステムの設計、設置、維持・管理サービスを提供しました。 マリンテック社の技術者は2010年に行われたインド政府の400か所ハイブリッド実証事業に参加して、うち100か所を担当してディーゼル削減を達成した実績と経験・知見を持つ技術者を起用。

 

マリンテックエナジー社の技術チームは、システム設計・構築ができる上級エンジニアから、フィールドレベルのソーラーエンジニア、テクニシャンまでの体制で維持・管理・人材育成をする仕組みを有しています。

携帯電話基地局電源の経験、機器の長寿命化、太陽光発電と蓄電池の知識、日本人エンジニアから学ぶ省エネノウハウによる分散型発電所の運営では、他には見ない優れたサービスを提供しています。

 

 

データ事業実績詳細

データシステムの構築・運用

Data Transmission

リモートデータモニタリングシステムで遠隔管理 

 

インドの携帯電話基地局内の通信機器の稼働を支える電源のリモートモニタリングシステム(RMS)をコアに、エナジーマネジメントシステムの提供で調査、計測、遠隔電源計測、電源監視サービスを通して日印政府間のプロジェクトを企画・フィールドオペレーションをサポート。この電源デバイスとデータサーバーを連携させたデータ通信ソフトウェアシステムは、様々な分野で使われるデバイスにIoT機能を搭載させて応用できます。

 

製品・サービス情報はこちらから→製品・サービス情報 

エネルギーデータ・マネジメント

Renewable Energy

 新しいエネルギーマネジメントの構築

 

太陽光エネルギーをより経済的に、より優れたエネルギー管理技術を取り入れて石油代替になる新しいエネルギーマネジメントシステムを構築します。インドと日本の合同チーム行い、この新しい電源で多様な利用技術を探求し紹介して普及に努めています。

(株)マリンテックのウェブサイトを閲覧、ご利用いただきありがとうございます。
Business Support

ビジネスサポート

English

大阪ギフトショー出店!

ペットのアンチエイジング